はてブ数の多い人気のアマゾン本「ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち」の概要やレビュー、書評をまとめました。Amazon・Kindleストアで購入できます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍

  • Amazon.co.jp:ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち: 本

    Amazon.co.jp:ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち: 本『一般報道では、「ハッカー」とはコンピュータに侵入する人物のことを指す。プログラマの間では、その言葉は優れたプログラマを指す。この2つの意味は実はつながっている。プログラマにとって「ハッカー」とは、文字通りその道の達人であることを意味しているんだ。つまり、コンピュータに、良いことであれ悪いことであれ、自分のやりたいことをやらせることができる者、ということだ。』    コンピュータに囲まれ、インター...

    ピックアップコメント

    • chess-news
      有名本
      2015/04/06 23:38:31

    • ryottaman
      ハッカーと画家 コンピュ...※シェアして【総額200万円】当たる⇒ http://t.co/phm4RgMNyC #サイバーマンデー ◎シェアされた商品⇒ @AmazonJPさんから
      2014/11/16 05:42:45 サイバーマンデー

    • dora-kou
      読みたいんだけど、まだKindle版が出てないのね。電子書籍化待ち。
      2014/07/24 15:44:53

    • cohalz
      @karensan_ あるハッカーの話で画家とハッカーの共通点の話もあったりする、非常に有名な本だし読むべき
      2014/06/19 23:18:43

    • Yukarigohan
      ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
      2013/04/18 17:06:15

    • yuya_lush
      ポール グレアム の 「ハッカーと画家」
      2012/05/06 23:15:48

    • facebooook
      出版社: オーム社 (2005/01)nerd
      2012/05/06 15:43:09 life book

    • bs8888
      Google社員のおすすめ
      2012/02/16 14:31:49

    • UDONCHAN
      欲しい
      2011/11/03 05:21:49

    • SUGSILIB
      #bibliobattle ハッカーとクラッカーは違う.コンピュータを極めていかに画家のように芸術的で価値のあるコンテンツを創造するかという話しか. QT ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち ポール グレアム
      2011/10/30 14:38:38

本の概要や書評・レビューなど

  • ハッカーと画家 Hackers and Paintersの翻訳公開

    ハッカーと画家 Hackers and Paintersの翻訳公開ハッカーと画家 ---Hackers and Painters--- Paul Graham, May 2003 Copyright 2003 by Paul Graham. これは、Paul Graham:Hackers and Painters を、原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。 <版権表示> 本和訳テキストの複製、変更、再配布は、この版権表示を残す限り、自由に行って結構です。 (...

    ピックアップコメント

    • kooyoo
      ハッカーと画家。誤解に基づいて形成され、誤解に基づいて共有された常識をほぐしてくれるエッセイ。僕は作品としてのプログラムを書く人間なので、そもそもあまり誤解してないけどね。エヘン。
      2015/05/11 01:03:45

    • mizoguche
      “仕様がプログラムを書いている最中に変わっていっても、 それを受け入れられるような書き方をすべきなんだ。”
      2014/12/29 15:26:27 programming

    • nilab
      Hackers and Painters
      2014/12/16 23:44:53

    • ymmtmdk
      読んだことあるはずだけど改めてちゃんと読みます
      2014/11/04 17:28:27

    • KatagiriSo
      ハッカーは理論系でも実験系でもない。あえていうなら画家のような創造行為に近い。
      2014/10/20 14:07:37 プログラム言説

  • 1534夜『ハッカーと画家』ポール・グレアム|松岡正剛の千夜千冊

    1534夜『ハッカーと画家』ポール・グレアム|松岡正剛の千夜千冊ヘンリー・ウォーレン・ジュニアの 曰く付きの『ハッカーのたのしみ』も ジュリアン・アサンジの自伝も、 たいそう刺激的、また挑発的でおもしろかった。 でも、ぼくはプログラマーでもSEでもないので、 本書『ハッカーと画家』のほうが ちょっと古典の風格があって、紹介したくなった。 しかも、本書が強調しているのは、 「共感力」によるプログラミングなのだ。 一方、白夜書房の「ハッカー・ジャパン」は 先月休刊...

    ピックアップコメント

    • K2ICE
      10代後半の成長や20代の飛躍にともなったコトやモノに、周囲からの共感がやってこなければならない。それがまにあっていないなら、30代、40代でもかまわない。ここで世の中の評価を得たいなら、本気の共感力
      2014/03/24 11:40:02

    • zbih
      おぉ、先月松岡正剛が書評してた
      2014/03/24 11:01:39

    • kazuya030
      松岡正剛氏が『ハッカーと画家』について書評している。後半にある編集者とハッカーの比較は彼独自の視点でとても興味深くまた勉強になる。
      2014/02/19 01:32:23 BOOK

    • tomoyukim
      1534夜『ハッカーと画家』ポール・グレアム : 松岡正剛の千夜千冊  アメリカン・スラングでは機転がきく奴のことを「ハッカー」(hacker)という。かれらは石橋を叩きもしないし、ときには叩き割って渡っていく。コンピ
      2014/02/18 09:44:08

    • tadashi_shimizu
      松岡正剛に「ハッカーと画家」が書評されているが、プログラミング言語の事などコンピューターにまつわる諸々が、的確に表現されていて驚いた。プロの書評家の凄みを感じるところ。
      2014/02/11 09:24:35

  • 無料で読める「ハッカーと画家」 - NAVER まとめ

    無料で読める「ハッカーと画家」 - NAVER まとめ無料で読める「ハッカーと画家」

    ピックアップコメント

    • yoppe9509
      “プログラミング格言集”
      2015/03/03 03:50:04

    • moerrari
      「ハッカーと画家」の無料で公開されているもの。全17章のうち6章分は未公開か英語のみ。
      2013/07/08 06:36:14

    • H58
      無料で読める「ハッカーと画家」+ α」http://brow2ing.doorblog.jp/archives/1371414.html
      2013/05/18 13:19:37

    • h0714k
      []
      2013/05/01 06:13:46

    • kozai
      「Yコンビネータ」を読んだ人で「ハッカーと画家」を読んでいない人向け 「無料で読める「ハッカーと画家」+ α」
      2013/04/29 22:44:25

  • Google社員がオススメする1冊『ハッカーと画家』って何? - はてなブックマークニュース

    Google社員がオススメする1冊『ハッカーと画家』って何? - はてなブックマークニュースGoogle社員がオススメする1冊『ハッカーと画家』って何? 2010年の年明け早々、2ちゃんねるにGoogle社員を名乗る人物が「グーグルで働いているけど何か質問ある?」というスレッドを立て、話題になりました。その中で紹介された『ハッカーと画家』という書籍に、今注目が集まっています。

    ピックアップコメント

  • ハッカーと画家の脚注がすごい件 - satosystemsの日記

    ハッカーと画家の脚注がすごい件 - satosystemsの日記ハッカーと画家を読み直しているんだけど、第五章の「もうひとつの未来への道」の脚注にすごい文章を発見した。Mac がそんなによいものなら、どうして負けたんだろう? コストだ。またしても。マイクロソフトはソフトウェアビジネスに集中し、アップルのハードウェアに対しては、大量の安い部品業者に対抗させたんだ。もちろん、重要な時期にスーツ族が舵取りをしていたというのも原因のひとつではあるが(それに、まだアップ...

  • rubyneko - ひさびさに「ハッカーと画家」を再読してびびったこと

    rubyneko - ひさびさに「ハッカーと画家」を再読してびびったこと「ハッカーと画家」Paul Graham p83の脚注より引用 Macがそんなに良いものなら、どうして負けたんだろう? (中略) (それに、まだアップルは完全には負けていない。iPodをWebブラウザ付きの携帯電話へと進化させることができれば、マイクロソフトは困難に直面するだろう)。 これなんてiPhone...!

  • My Life Between Silicon Valley and Japan - 「ハッカーと画家」書評

    My Life Between Silicon Valley and Japan - 「ハッカーと画家」書評ポール・グラハム「ハッカーと画家」ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち作者: ポールグレアム, Paul Graham, 川合史朗出版社/メーカー: オーム社発売日: 2005/01メディア: 単行本の書評を、プレジデント誌4月18日号に書きました。雑誌編集部とは、「掲載誌が店頭から消えたタイミングで原稿をネット上に公開してもいい」という取り決めになっているので、最新号が出る今日アップしま...

  • ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち レビュー

    ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち レビュー株式会社オーム社 様のご厚意により, 書籍 "ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち" を ブックレビューコーナー にご献本いただきました. この本のレビューをして頂くべく, Linux Users ML や本サイトにおいて 公募 を行い, これにご希望頂いた方々より感想などをレビュー記事にまとめていただきました. ここに, レビューアの方々から寄せられたレビュー記事を公開します. (原稿到...

  • 満足せる豚。眠たげなポチ。:Paul Graham 「ハッカーと画家」-もうひとつの未来への道

    満足せる豚。眠たげなポチ。:Paul Graham 「ハッカーと画家」-もうひとつの未来への道昨日に続き、「ハッカーと画家」から。第5章 「もうひとつの未来への道」も示唆に富む。同じ文章がこちらでも読める。「もうひとつの未来への道 ---The Other Road Ahead」 ユーザはなぜWebベースのソフトウェアを選ぶのか? 「多くの人は、ほとんどの場合、一番手間のかからない方法を選ぶ。Webベースのソフトウェアが勝つとすれば、それが便利だからに他ならないはずだ。そして、どうもそれは...

  • ひげぽん OSとか作っちゃうかMona- - 奥さんが「ハッカーと画家」を読んだ

    ひげぽん OSとか作っちゃうかMona- - 奥さんが「ハッカーと画家」を読んだ奥さんが「ハッカーと画家」を読んだ Life id:higepon:20060520:1148107781の続き。 奥さんが「ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち」を読み終わったそうだ。 開口一番の感想は Y「エンドユーザーっていう言葉あるじゃん?あれって今まで意味知らなくて」 H「うん」 Y「エンドなユーザーだから、きっと終わっているユーザーという意味かなと思っていて、少なくともあたしは...

  • ハッカーと画家、読んだ - (define -ayalog '())

    ハッカーと画家、読んだ - (define -ayalog '())2013-06-28 ハッカーと画家、読んだ 本 Scheme ハッカーと画家については、以下の呟きがその素晴らしさを示していると思う。 前々から気になってたんだけど「ハッカーと画家を読んでLispをやるべきだと思った人」って本当にいるの? 私はそんな人は実は存在しないんじゃないかと疑ってるんだけど。2011-12-10 10:36:24 via web すべてのプログラマが読むべき10冊 SIC...

  • yomoyomoの読書記録「ハッカーと画家」

    yomoyomoの読書記録「ハッカーと画家」Paul Graham『ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち』(オーム社) 本書に収録されたポール・グレアムのエッセイの翻訳は、訳者(クレジット上は「監訳者」であるが、この言葉にあまり良い印象がなく、また当人自身サポートページにおいて「私にもわかりません」と語っているくらいなので本文では断固「訳者」と書かせていただく)である川合史朗さんのサイトでこれまでほとんど読んでおり、改めて本で読んで...

  • 満足せる豚。眠たげなポチ。:Paul Graham 「ハッカーと画家」-富の創りかた

    満足せる豚。眠たげなポチ。:Paul Graham 「ハッカーと画家」-富の創りかたPaul Graham氏の「ハッカーと画家」についてのエントリ。なんだかんだで3回目。1回限りのつもりだったのに、あまりに内容に記しておきたいことが多くてどんどん増えてしまった。 第6章 富の創りかた - How to Make Wealth - も素晴らしい。しかもこの文章は川合史朗氏のサイトにも翻訳されていないし、Paul Graham氏のサイトにも見当たらない。 まずはここでいう富の定義から...

  • 他の記事を見る

関連記事

Indeed IT系求人

プロフィール

IT系ハブサイト!求人や技術情報を配信してます。

akihiro

info(アットマーク)tech-duct.com

[#article_description#]
[#article_date#]
[#site_url#] [#host#] 人気 新着 RSS